FC2ブログ

記事一覧

一日一食を始めた理由②

糖質制限を一月続けて、少し痩せたわたし。

最初の数日間は身体が糖質制限になれるまでは頭痛があったりして、本当にこの食事でよいのか悩みました。

身体が糖代謝からケトン代謝に切り替わるからだそうです。

私の感覚だと尿の匂いで切り替わったかなと感じました。

切り替わると猫のオシッコみたいな匂いになるのかなぁ?  わたしだけかもしれません。






だけど、続けるのには肉や魚、野菜を購入するお金が余計にかかります。

糖を避けて暮らすなんてこの世の中無理みたい。

縄文時代じゃあるまいし。

そして、たまにはお米も食べたい。

デザートも食べたい!

正直、ずっと糖質を食べないで生きていくのは辛いなぁと思いました。




ある日、友人がお礼にお寿司をごちそうしてくれるとのことで、食べずにがんばっていたお米を食べました。

美味しかった。

結局、その日を境にまたお米を食べる食事に戻ってしまいました。


やっぱり、お米は満たされる、中毒になる、食べずにいられない。

中毒になるのは糖をとった後の食後の血糖値の上がり下がりが影響してるみたいです。


わたしは糖質制限のおかげか、お米を食べると食後、血糖値が上がるのが体感でわかるようになりました。

血糖値が上がると身体が苦しく、だるい、眠いです。

身体に負担をかけてるみたい。

そして、朝昼晩三食普通に食べると、年齢のせいか、浮腫んで太ります。

もしかしたらわたしの場合、食べすぎなのかも知れない。



それなので、今度は食べる量を減らすべくお昼ごはんを抜いて朝と晩ご飯だけにしてみよう。

もともと、お昼休みに用事を済ませたりしていたので、食べる時間をとらないことは都合がよかったのでした。

午後からの仕事も眠気がこないので、全然苦痛ではありませんでした。


一日二食になりました。

最初はお腹がすくのでインスタントのスープや味噌汁と茹で卵とかチーズとか食べていました。

今はお昼休みは飲み物だけで過ごしています。

お昼を食べないので、朝はお弁当の準備もないので楽ちんです。
 

でも、一日二食もかえって、沢山食べたくなるし、糖を取っているせいか、痩せません。



私は途方に暮れていました。
 

テレビで片岡鶴太郎さんが出ていました。

毎日、夜中の1時に起床しヨガをして、一日一食の朝食のみの生活だそうでした。 



 つづく。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はーくろ

Author:はーくろ
50代主婦
 
旦那と二人暮らし。

最新コメント

フリーエリア

フリーエリア

FC2アフィリエイト